PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2013年03月08日

未知の試験問題に挑む

今朝は6時起床。バイトに出かけるまでのわずかな時間を使って、6限の授業対策を行う。

電顕バイト
先週に引き続き、ハナムグリの撮影を行う。
ボスの先生と事務員さんとの、予算をめぐるやり取りがものすごく面白かった。普段私が見るときは静かそうな方だったのだが、あれは仮初めの姿だったのか…

6限 博物館教育基礎論
席に着こうとしたとき、椅子の下で何かが動いた。なぜだかわからないが、ハネナガヒシバッタがそこにはいたのであった。
先週配布されたまとめプリントをもとに、朝に少し勉強をしておいたのだが、その効能が発揮された。昼休みには博物館の実習先がほぼ確定し、学芸員資格取得までの道のりはここにきてようやく赤い兆しが見えてきた。

試験が終わってから、ウサギの骨格について詳しく書いてある本が無いか探しに体芸図書館へ出向く。するとそこには・・・『實験用動物解剖学 兎編』が果たしてそこにあったではないか・・・! これはアツい!旧字体で読みづらいのだが、骨を組み立てるときの参考になろう。

放課後 学期制変更の説明会
まだ説明会自体には参加していないのだが、すでに資料は手元にあるし、大まかな内容もクラ代をはじめとして情報を得ているので、敢えていかなくてもいいような気がしている。が、とりあえず参加することに。
2学期制のこととか、GPAのこととかは聞き慣れた話ではあったが、新たなTWINS導入についてのお話は聞くのは初めて。
GPAが導入されると、610のように意味の分からない自由科目を大量に取ろうとする人にとってはリスクが高まってしまうようで、さしあたり今大学にいる人にとってはあまり意味は無いのかもしれないが、これから大学に来る人たちにとっては、冒険がし辛くなるのかもしれない(そして、迷える子羊が逸郎さんのもとに集まるのだろう)。
まあ610の場合は、GPAがあろうがなかろうが、外国語科目の詰め込みっぷりが常軌を逸しているので大変な目に合うことは予想できている。ただ、今年3つの言語を勉強したことで、性・数・格・法・態に関する対応はそれなりにできると思うので、あながちぶっ飛んでいるわけでもなかったりする。ロシア語やラテン語より格が多いサンスクリットも、少ないドイツ語も何とかなるだろうし、ヘブル語に関しては同じセム語のアラビア語のアナロジーが活きるかもしれない(尤も、その段階まで到達しているとは思えないが…)。ウクライナ語はロシア語と大して変わらないだろう。
逆を返せば、格が無いイタリア語は苦戦するのかもしれないし、今まで教わってきた言語とは別系統の中国語・ハンガリー語や、いずれからも独立している韓国語にはてこずるかもしれない。

さて本日は、生物学類生同期の横飲み会があるようだが、610は主に金銭的理由で参加を辞退。今思うと、もしこれに参加していたら3日連続で飲み会に出向かなければならず、体力とメンタルで大ダメージを受けていたかもしれない。今宵は早く寝て、明日の骨格標本いじりに備えよう。

~・~・~

明日は卒研発表会に強制参加させられます。興味のある分野がそんなに広いわけではないので、それを超える時間を拘束されるのはいささか納得がいきませんが・・・参加しない人がいるのはまずいのでしょうねえ。
それが終わってから会計面接を行い、即座に渋谷に向かって33R飲みに行きます。中々忙しそうですが、午前中はのんびりできそうです。ウサギの骨組みをするとしましょう(´Д`)「

さて、せっかくですので、こちらで公開されている開設授業科目一覧を参考に、来年度の時間割を組んでみました。上から順に、春A,B,C,秋A,B,Cとなっています。なお、集中授業や実習等は考慮していません。
どなたか一緒に、「夢の月曜日」に挑んでみませんか?(´Д`)   続きを読む


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)