2013年03月04日

Душа с телом расстаётся

今朝は8時起床。1限の授業が無いと朝早く起きられない、という感覚が徐々に浸透してきているようだ…良くないなあ…

とりあえずロ会話の発表原稿を作り直してからクラ代会に向かい、午後はバイオテクノロジーリテラシーのレポートやロ作文の課題を進める。バイテクのレポートは、生物多様性について書けば何とでもなりそうなのだが、授業で触れたことをあまり反映しなさそうで先行きが不安である。気がつけば生態学的な内容がてんこ盛り・・・
が、驚いたことに、自分が高校時代に、およそ2年半にわたり虫さがしをした結果が活用できそうで俄然やる気が湧く。今思うと随分やっていることは未熟なのだが、種多様性の一例として取り上げられそうなのだ。

高校繋がりで最近色々と連絡が来ていたので、そのことを書いておこう。
まず9日には卒業式が行われる。我が母校では来年度から改修工事が入ってしまい、生物室も33Rも新しい姿に生まれ変わってしまうのだ。rvstoneくんからわざわざ追いコンの連絡を頂いたのだが・・・悲しいかな9日はただでさえ卒研発表を聞かないといけないし(一日拘束されるわけではないが、気になる発表は概して午後にある…)、追いコンが始まるちょうどその時、610はサークルの会計面接に駆り出されてしまう。

しかし9日はそれだけでは追わなない。それでも610は東京に戻ってくるのだ。
恐らく生研には間に合わないが、33R有志で飲み会が行われる。いつもお世話になっている高速バスではなく、逸郎さんがイニシエーションの儀式を行うTXを使えば何とかなりそうなのだ。今回は某不審者や看護師と何かをやらかした某氏が参戦するらしく、それはそれは楽しみなのだ(´Д`)

さらに、南北大東島で浮世離れを終え、現実に回帰し絶望しているであろう31日、次の日には引越しをしなければいけない31日には610が高校時代お世話になった生物の先生、生研メンバーの方々との会合が開かれる。なんだかんだでY先生とは高校卒業してから一度も会っていないし、進学先もお知らせしていなかったなあ…

色々楽しみな行事が控えているのだから、ここはあと少し、現実に目を向けようではないか(´Д`)

6限 応用ロシア語会話
自己紹介の会話課題を行ってから、3つの動画を観る。

10分の間に児童が多くの感情を表現していることが云々という説明を(ロシア語で)聞いたのだが、よく分からない…

フクロウの顔と、突然現れるコウモリのBGMが恐ろしい…

これはもしかしたら過去に紹介していたかもしれない。手袋が化けて現れる子犬がとてもかわいらしい。

~・~・~

明日の試験は3限のラテン語だけですが、これもまた非常に重いです。まあ、成績は出席でつけられるので出来なくても構わないと言えば構わないのですが、そう考えているから重くなるのかも…
  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)