2013年02月25日

全てがお天気次第

今朝は7時起床。2月も残りあとわずかだというのに、今シーズンの最低気温を更新する-7.6℃が観測されてしまった。
とりあえず電顕撮影へ科博へ向かうのだが、今日は飛び入りでやってきたため、使いたかった電顕の予約をしていなかった。そんなことをつゆ知らずに電顕ルームへ来てしまったのだが、予約されていた研究者の方に快く譲っていただいてしまった…一介の学生がなんとまあ不埒な振る舞いを…と罪悪感を覚えたものだが、ボスの先生からも許可が下りたので続きを撮影。脈翅目の翅がトンボと違うことは金曜に書いたが、脚もしかり。
3時間に及ぶ撮影を終え、フラフラとBookoffへ。『他人と深くかかわらずに生きるには』という衝撃的なタイトルの本を筆頭に6冊の本を購入。まだ読んでいない本が20冊くらいあるといのに、また買ってしまった…

さて午後は勉強をしたのかというと、また現実回避に走ってしまった。だが今回はニコ動におぼれるのではなく、来月に迫る大東旅行の計画を立てたのだった。どうやら610が那覇に降り立つその日(3/15)に船が出港する予定。
一応この旅行の目的はダイトウヒメハルゼミを観ることなのだが、残念ながら時期的にそれは難しそう。本当は、少しでも可能性に賭けるべくなるべく3月後半に訪問したいところだが、船はいつ欠航するかわからない。後半で旅程が狂うと予定通りに島を出られないだけでなく、出るために飛行機に乗ることで多大な出費を迫られてしまう。そのリスクを回避するには早めに大東に向かい、日程に余裕を持たせておきたい。
ということで、ついに大東海運に電話を入れて乗船予約に成功! 南大東島だけではつまらないので、最初は北大東島に1泊、南大東で5泊、(天候次第で南の1泊を削り、北に1泊)という変則日程を組んでみる。万事が思い通りに行けば、北にFITとかPTといったトラップを仕掛けることもできるのだが・・・

さて余裕を持たせた旅程の後半にはなんと6日分の余裕がある。まあ行くべきところはやんばるに限られているわけではないが、世界遺産にでもなって行動が制限されてしまう前にうろうろしたいではないか。そのためにはレンタカーが必須なのだが、前半が前半だけに予約がし辛い…キャンセル料のことを考慮すれば、むやみに予約しない方が良いのだろうか。でも普通車が出払っているという事態もあり得るしなあ、いかにせまし…

~・~・~

明日はやどけんメンバーと群馬のスネークセンターへ行ってきます。カーシェアを初めて使います。610は昨年8月の北海道以来の運転となるのですが、無事に行き来できればなあ…  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)