2012年03月05日

End of Daylight

5:30起床。今日はテストを負担に感じていないせいか、勉強する気が起こらない(本当は3時に目が覚めたのだが、この時間まで二度寝してしまったのだ)。

1限:歯科医学と医学の接点、口腔外科とは
先週の通達通り、選択式の問題ばかり。最後の最後に記述の問題があったが、これは問題というよりかは授業を受けた感想を書けばよいものだったこともあり、なんとテスト開始15分にて退室完了。これは通常の授業時には考えられない行動であって、朝から気分がよろしい。講義内容もそれなりに興味があったので、これは吐き気を催してでも全回参加した意味はあったと思う。
テスト終了後には開館したての図書館に籠り、有機化学や昆虫学対策。

2限:障害と共に生きるⅢ
持ち込みが許されたので何も勉強しないで突入。スクリーンに問題(「共生社会」とはどのようなものだと考えるか、あなた自身は「共生社会」にどのように係わりたいか)が投影された瞬間にはあまりのアバウトさに戸惑ってしまったが、50分かけてそれなりの解答を作る。少なくとも2学期の悲劇は繰り返されることは無かろう。

標本製作バイト
今年度最後のバイトには今シーズン最長の5時間連続で入る。FITに改良を施した後にラベル貼り・標本作りを行ったが、今日はいつになく眠かった…昨晩の睡眠時間はかなり長かったはずだが、もしかしたら天候不順のせいかもしれない(と思って水戸の気圧を調べてみたが、これは眠気の根拠にはなりえなかった)。植物生態学のレポート課題のシリアスさや野村先生のジュズヒゲムシ談話がなかなか刺激的であった。ところで、どうしてジュズヒゲムシ目の別称「絶翅目」の「絶」にはどんな意味が込められているのだろう。
そしてIさんから昆虫学の問題傾向を教えていただくとともに、過去問までいただけることに。やはり昆虫学ではAが欲しいのである。

~・~・~

明日、明後日はテストのハイライト。3時起きで最後の追い込みに入りたいところです。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)