2012年02月19日

右目がぼやけるのは眠気が取れていない証拠

6時起床。寝坊のため蠶影まいりは24日以降に延期。
微積分レポートとテーマプレゼンを「いつでも提出・発表可能な状態」にまで仕上げておき、その後『かなり気がかりな日本語』を読了。
610は「ら抜き言葉」「とか弁」「全然+肯定文」「質問に疑問で返す」「させていただく」という表現を聞くたびにむず痒い思いをする。特に「させていただく」はしばしば不快感を伴うほどに抵抗があるのだが、話し手からすればこれが丁寧な表現だと思っているのだろうか。あるいはこれが普通の表現だと感じるのだろうか。とにかく、こういったことは自分では絶対に言わない・書かないよう気を付けているつもりであるが、そんな610でも「尊敬のれる・られる」はよく使ってしまっている。本の中でこの指摘がされているのを目の当たりにしたとき、自分の日本語表現力の狭さ、語彙の貧相さを突き付けられてショックを受けてしまった。敬語をしっかり勉強していないというのは都合の良い言い訳に過ぎず、疑問を覚えているのに自分で調べようとしないから不自然な言い回しに迎合してしまうのであって、単なる怠惰に過ぎない。
ただ、これはなかなか自分で気づくことが難しい。恐らくこのブログを読まれていて(ああまた使ってしまった!)、しばしば不自然な言い回しを発見される(また!)方もいらっしゃるだろう。そんな時にはぜひご指摘請いたい。
ついでながら、研修を終えたCathyにこの文章を紹介します。早くマニュアルから自由にならんことを!(´Д`)
 店員たちは、客一人ひとりへのサービスそのものより、マニュアルを絶対視してそのとおりにこなすことにのみ心を砕いているようにすら見受けられる。時間に追われていたり仕事にまだ慣れていなかったりして、余裕がないということもあるだろう。だが、たとえアルバイトであれ接客業を選んだ以上、マニュアルをひととおり覚えたあとは、むしろそれらを忘れて、サービスとコミュニケーションについて自分の頭で考え、自分の言葉で客に接したいものである。


昼食後図書館にてテーマプレゼンのハンドアウトを印刷、その後勉強しようと思ったのだがどういうわけか全く何もする気が起こらず、ただ眠くなってきたので部屋に引き返して昼寝。起きてからはGen君からもらったレポートのデータをもとにしてGnuplotでグラフを作ってみる。他人のものを共有することについては制限がかかっていないからGen君のものを拝借しても問題ないのだが、うまく指数関数で近似ができない。昨日やった610のタンパク質電気泳動の実験データのグラフでは、指数関数の近似はできるにはできるのだが、excelで算出したものと比べて精度が悪く、このまま出しても評価は低そうに思える。それでもレポートとしての見栄えが整っていれば6点はもらえるわけで(ちなみにレポートの評価はA~Dで下されるのだが、Dは0点で、Cが6点のようだ)、どうしたものかと悩む。レポートを2つ用意することに関しては、もともとの文章がすでに用意されているので苦ではないのだが、さあどうしよう…
こうして今日も、大した試験勉強ができずに終わってしまうのであった。

~・~・~

今朝のつくばの最低気温は-8.8℃、今年一番の寒さとなりました。
また、菅平では観測史上最低の-29.2℃をたたき出し、本日の全国最低気温ランキングで堂々3位の入賞を果たしました。このランキングを見るのは610の日課なのですが、全国的に冷え込んだ日でもTOP10は大抵北海道勢に占められています。そんな中、菅平はかつてない冷え込みによって見事にこのランキングに食い込んできたのです。卒研で菅平へ籠る可能性がある610にとっては、随分ワクワクする結果でした。

とりあえず今週はしっかり早起きしておきたいなあ…  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(3)