2011年12月22日

しばし待たれよ筑波虫

6時起床。

1限:テニス
本日は話したことの無い人とペアを組めと言われたのだが、こういった時の(自分を含め)積極性の無さを嫌って、同じ生物学類でかつ高校も同じA君と組んで練習。その後試合をすることにもなったが、メンバー6人中4人が生物学類で、なぜかハイレベル。

2限:ロシア語基礎B
対格(≒目的格)の練習。やはり活用表を覚えた後に勉強するとどういう変化をするのか分かりやすくて楽しい。

昼休みにやどけんのMさん(渡良瀬のMさんではありません!)に連れられて大学新聞編集部へ乗り込み、新聞に掲載している「自然図鑑」の引き継ぎを行う。大学新聞にはやどけん用のスペースが確保されていて、そこに大学周辺で見られた生き物の写真とちょっとした説明文を載せているのだが、今後ここの担当は610が務めることになる。どんな記事が書かれるか、おおよそ想像がついてしまいそうだがあえて「何か」は書きませんよ、メジャーなものからミーハーなものまで取り揃えていこうと考えている。

3限:異文化と英語
中国、タイ、アメリカ、トルコについて、インタビューをもとにして作られたプレゼンテーションを聞く。
我々のグループではパキスタンについて調べており(とはいっても殆ど資源のT君任せなのだが…)、来年発表することになる。この準備でメンバーが集まれそうもないのがネック(610が明日離脱し冬休み終了まで帰ってこないことが主要因)で、時間はたっぷりあるのだがうまくいくだろうか…

4限:化学Ⅲ
原子の軌道について。なんとなく周期表との対応や軌道の埋まる順番などの規則性が分かったような気がする。それにしても、なんであんな変なところに座ったのだろうか…

5~6限:標本製作バイト
ハネカクシの悪夢から解放され、水生昆虫をメインとした乾燥標本のマウントに移る。最初に取り掛かったイトアメンボは神経を使ったが、アメンボやその他のものは概して台紙付けしやすく楽しい限り。これらのラベルが'89~'91と、610が生まれる前のもので、そのころの虫たちとこうして対峙していることの不思議さを存分に体験できた。
結局今年は6時間しか関与できなかったが、早くもこのバイトに魅了されてしまった。

~・~・~

明日から1月10日早朝まで六郷に帰省します。今回は大きな旅行には出向かず、ひたすら郵便局で年賀状の仕分けのバイトに従事することになると思います。とはいっても時間帯が14~19時なので、かなり自分の時間が確保できます。読書・TOFEL勉強・体力づくり・トノサマ観察等を日課に、グダグダしない程度に過ごせればいいのですが…
それはそうとして、自転車持って帰ろうかなあ…  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)