2011年12月08日

610の性格を変える3つのファクター



6:10起床。早く起きられない…

1限:テニス
軟式だが経験者扱いを受け、さらに隔離される。隔離されたメンバー(5名)で勝手に乱打や試合をすることになるが、やはり硬式は不慣れでやり辛い。

2限:ロシア語基礎B
過去形と生格(~の)の学習。ようやく活用表で覚えた内容が役立っていると感じられるようになってきた。先生方が仰っていたように、活用表を覚えていれば面白くなることがほんの少し体験できた。

3限:異文化と英語
610所属のグループのメンバーに、パキスタンの留学生と仲が良い資源生がいて、彼がいろいろなデータを持参してくれたためにかなり発表内容を絞ることができた。授業のためのインタビューだけでなく、個人的にも会っていろんな話を聞きたいなあ…

4限以降:買い物
生物学類生は1年次に8つの概論(分類、生化学、遺伝、動物生理、発生、生態、植物生理、細胞)を勉強するが、610だけは特別にもう一科目、『「鉄学」概論』を受講することになっていることは、読者の方には初耳であろう。実は610もこの科目の存在を知ったのはつい先ほどであって、Bookoffの店内で原先生に会った時にそっと教えてもらったのである。
そういう素敵な出会いがあったと思ったら雨が降ってきてしまった。急いで買い物を済ませて帰宅、『カマキリの雪予想』を読み終える。これはいろんな方のShort essayが集められたものであって、610はそのタイトルと著者の一人のサインが書き込まれていることに魅せられて購入したのだが(それでも¥105だとは…)、一つ一つが短くて区切りよく読めて都合よい。その上こういったエッセイを自分でも書きたいなあと思って、ブログとは別にエッセイ用のページを設けようかと思うほどである(ブログに載せてもいいが、これ以上ここでだらだら書くわけにはいかない)。
まだ何か始めたわけではありませんが、結構真剣にエッセイページを作ろうとは思っており、このブログで過去に触れたことやその他つらつらと、文庫本数ページ程度に纏めて公開できればいいなと考えています。そんなものが出版できたらもっと面白そうですが、それと学芸員の職を得るのとどちらが難しいことかどうか、610は存じ上げません。ただ、もっとウィットが無いとこのブログ並みに面白くないことは明白・・・

~・~・~

明日はラン藻の窒素代謝を測ります。結構ややこしそうです。

さて、  続きを読む


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(2)