2011年06月20日

周囲がやっていたから

3時半に起床したはいいが、やる気が出ず5時から7時ごろまで二度寝をしてしまう。
20種類のアミノ酸について、出題範囲の半分以上は頭に入ってきた模様だ。ヒスチジンの構造が鬼門(´・ω・`)

1限:森林
現在日本の人工林では干ばつが行き届いていないところが多く、細い木がうっそうとしている林床には下草がほとんど生えてこない。遠くから見ればこういった森は水源地としての機能を果たしてくれそうだが、実は下草がないため保水力はずいぶん低い。そのためにも間伐することには意義があるのだが、ただ間伐すればよい(例えば一律に「30%間伐」を行うこと)というわけではなく、その場所に見合った割合の間伐を行わねば下草が生えてこないので意味がないとのこと。植林地帯としては私は奥多摩~日原あたりがなじみ深いのであるが、あの辺りでは間伐が行われているのだろうか…

2限:社会学への招待
「あたりまえ」を疑うこと、というテーマではあるが話の内容は多岐にわたる。
・ストロンチウムが検出されたと騒いでいるが、それは米ソを中心に「大気圏内で」核実験が行われた時に日本に降り注いだものが今回検出された分も当然含まれている
・誰も頼れる人がいなくなると、自殺が頭をよぎる
・男性諸君よ、君たちのパートナーが将来出産することになったら、そこに立ち会え!
・陣痛が増すと胎児の心音が低下する。これは胎児が自分の命を懸けて外に出ようとしているのだ
・洗剤のコマーシャルに出演するのはたいてい女性だが、1つだけ男同士が出演しているものがあった。でもその設定は「仕事場」であり、男同士「家庭」で出演することには無理がある。でもそういうCMがあってもいいのではないか
・ある携帯会社で犬が父役をやっているCMがあるが、あれは「犬ができる自然な形の動作」がお父さんに当てはまるから可能なことであり、お母さんを犬に演じてもらうことはできない(切ったスイカを持たせることができるか?)。ゆえにこのCMにはジェンダーの偏りが認められる

…結構ジェンダー関係が多くて非常にテンションが上がる。

クラ代会議:なし?


3限:全力で微積レポートに取り組む。ふと「解法」が見えた気がした!

4~6限:地球学実験
ひたすら球を砂の上に落とす。そうすると砂に「クレーター」が生じる。このクレーターの直径を測り、エネルギーとの関連を調べたりしなければならないのだが、これがけっこう難解らしい。ただ実験室では球を落とすことだけすればよいらしく、かなり早くミッションを完了させる(といっても私のグループでは高さを5段階設定したので最後から2番目に終わったのだが)。

放課後:地球学実験で早く終わった分を微積分レポートにまわす。さっき見えた解法が半分間違っていたことが分かり、最終的な手ごたえを25%から50%に上昇するにとどまったのであるが、自分としての最低ラインを越えたので(もう少し考えてもいいが)提出。
アサリの味噌汁を作ったのだが、先週の化石スケッチの効果もあって、今まで眼前にあって全然見えていなかった「筋痕」「套線弯入」「主歯」等々がすうっと目に入ってきて楽しい。610は水色がかった模様のアサリの殻がとてもきれいだと感じ、時たま標本にしたいなあと思うことがあるのだが、その際茹でるのはよしておいた方が良いのかしら…どうも変色してしまう気がする。

~・~・~

さて明日朝までにreaction reportを完成させないと。
たびてつで打ち上げ(≒飲み会)があるのだが、金銭的な面も考えてキャンセルした。この時間をテスト勉強とinfinite reportにささげよう・・・  続きを読む


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)