2011年06月01日

奥さんはブルガリア人

眠すぎて5時起床。6月に入ったというのにストーブを出したくなる寒さだ。これでは虫も活動できないだろう。
PCを使って地球学実験・infinite reportを製作しながら、昨日IEで出された洋書の日本語訳のページを見たりするが・・・長すぎて読んでいられない。プリントアウトした方がよさそうだが、ただで印刷できる枚数には制限がかけられている(300+500枚)のでこの駆け引きが難しい。かといってまったく印刷しないでも翌年に繰り越されるわけではないだろうからなあ・・・

3限:微積分
いきなり話が行列に移ったのだが、これもなんとなく分かっているようでいてよく分からない。授業内容よりかは、自分の奥さんがブルガリア人だということを告白したN教授の平然とした感じから受けた衝撃が大きすぎてびっくりしてしまった。

4限:フレセミ
図書館の使い方を聞いてから見学。図書館はすでに何度も訪れているので構造自体は把握していたつもりだが、ロシア語の新聞があったことを見落としていたり発見は多い。

5限:生物資源科学入門
家畜について。まず「牛丼を英語でどう表現するか」英作を課されたのだがあまりに自分の作文力が落ちていて悲しくなってくる。立て直しが急務だが1学期中にできる気はしない…
日本に牛肉食が導入された過程のお話を聞いていると、これが西洋コンプレックスの原因の一つなのかなと思ったりしてしまうのだが、肉を食べない文化圏の人びとが肉食文化圏の人びとより劣っているという捉え方は気にくわないし、肉食を文明開化の一つとして捉えるのは自分たちの文化文明に劣等感を感じていないと生じえない見方ではないのかと思えてくる。日本文化に誇りを持っているわけではないのだが、肉食を魚介類に限定しているのはこういう考え方も少しは影響しているのかもしれない。
しっぽに脂がたまり、その尻尾を切って食すと今度は体に脂肪がたまるようになる「脂尾種」なる羊の存在がずいぶん新鮮に感じる。こういう品種がどうして選択(この場合は人為選択)されるに至ったのかがよく分からないのだが、それは私が日本人であるせいなのかもしれない。

6限:地球学概論Ⅰ
プレートテクトニクスについて。例によってこの辺りは復習範囲。ただプレートが沈み込むメカニズムが若干知っていたことと違っていたような気がした。

放課後:やどけんミーティング+お食事会
ミーティングの後、先日免許合宿を申し込んだ場所の近くにある店でお食事会。ここで久しぶりに(4月の新歓シーズン以来?)豚肉を食べる。ずっと前に書いた気がするが、私はこういう時にまで肉食を拒絶するつもりはない第二外国語を選択している1年メンバーが多かったり(全員違う!)、Gen君から告発されたり(ブログ見たよ!と告発した方は全員ここで発表してみようと企んでいます)、昆虫・利き腕・野球の話をしたり。二次会はもちろん不参加で帰路につくのだが・・・寒い。つくばの6月は思ったより手ごわいらしい。

~・~・~

明日も天気悪いのか…  


Posted by Impulse610 at 06:10Comments(0)