2011年04月30日

また宿舎の部屋が狭くなる

4時半起床。久々に白米を食べるのだが、不自然に白く見えてくる。

誰からも何の連絡のないことを見越して28日に追記を書いてみたのだが、やはり何も起らないようだ。ここまでは予想通りの展開。しかし昨日はそみあ氏からまさかの祝福メールを受け取っており、調子に乗った610は「30日あいてますよ」と何らかのレスポンスを期待して返信してみたところ、今現在(もうつくばへ帰還)返事がない。そしてこの先このブログでコメントをもらえるかどうかは予測不能である(ネタにしてすみません)。

というわけでおとなしくつくばへ帰ることを決める。ひとまず久々に土手に散歩に行くのだが、花粉性物質の高濃度地域が610に及ぼす影響は想像の域を逸脱しており、マスクをしているのにのど元へ危険が迫る。


草が被った!



それでも一通り懐かしいコースをたどってから帰宅し、つくばへ持ち込む道具を整理したりキリル文字筆記体の練習をしてからホームセンターへ行って自転車用小道具を購入。ついでにokストアに行ってみたが、つくばより大体のものが安く売られており、玄米の種類も多いのだが、胚芽米は1つしかない。それでも¥200ほど安く買えるので、荷物の要領も考慮して胚芽米を購入。帰宅して29日分のブログを更新(追記で「成績開示」してますので興味のある方はどうぞ)。
昼食後は再び志賀昆虫へ。予想以上にチョウ類を採集しており、現在冷凍庫保管しているのだが食品との兼ね合いもあるので早く展翅できるようにしておきたく展翅版、そして標本箱を購入。不覚にも三角紙を買い忘れてしまったが、なぜかつくばへはトレーシングペーパーを持ち込んでいるので、それを使えば代用できるだろう。


戸越銀座駅前にて
帰宅して再び土手へ。鼻炎薬が効いているので朝よりだいぶ余裕が出る。ずいぶん草が伸びていて、イタドリは残念なことに収穫時期を過ぎてしまっている。風が強いので昆虫はほとんど探す気が起こらなかったが、なつかしのネコちゃんたち(橋の下の灰色・三毛猫)は「定位置」で今日ものんびり過ごしていたので安心。次に土手に来るのは6/11になるのかな…


こっちを向いてくれない
荷造りを終え、誰からも何の連絡もないことを執拗に(笑)確認したうえで下野開始。荷物の総量がすさまじいことになっており、体は大小2つのリュックに挟まれ、右手には釣り道具セット(先日のギル釣りで感化されました)、左手にはさっきの標本制作キット、そして暑い中作業服に身を包む610…
高速バス「つくば号」を使ってみたかったのだが予約の方法がよくわかっていなかったことと荷物の多さで断念せざるを得ず、鉄道利用でつくばへ帰還。自転車antに小改造を加えてみるが、果たしてバックミラーはうまく機能するのだろうか…

~・~・~

明日はのんびり過ごしつつ、提出期限が迫る生物実験のレポートにケリをつけます。
ロシア語の勉強もしておかなくちゃ…  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(2)